手汗による書くことへの嫌悪と羞恥

私はそこまで手汗がひどいほうではないのですが、ペンやゲームのコントローラーを握っているときは手汗が出ます。紙にペンで文字を書いていると、紙がぶよぶよになってしまって書きにくくなったりします。特に、お風呂上りにはそれがひどく、とても文字をかけるレベルではありません。これが原因で、文字を書くのが嫌になり、勉強が嫌いになったというのもあるかもしれません。乾いた後も、少し紙の形が変形するので気持ち悪いです。対策を考えたこともあります。僕の手汗は滴ったり湿ったりするのではなく、べたべたするのと、何かに触り続けるとそこが湿るといったもので、手汗をどうにかすることはできませんでした。なので、手と紙の間に何か敷くしか対策は見つかりませんでした。これは根本的な解決ではないので、町で突然字を書く機会に遭遇したりしたら手汗べたべたで書かざるを得ません。それによってさらに恥ずかしい思いをすることもあります。どうにかなるならどうにかしたいです。もっと詳しく調べたい方はこちら>>>>>手の汗止めるクリーム

夜眠れない時にやること。

夜眠れない時には必ず何か原因があります。?あまり疲れてない時 ?日中にあったことが気になってねれない時などが代表的でしょう。?のときはとにかく疲れるまで待つことです、運動するなり、本を読むなりインターネットやゲームをするなどして眠くなるのを待ちます。しかし運動をすると体の中のアドレナリンが出て体が活性化してしまい、眠れなくなってしまうことがあるので気をつけましょう。またテレビやパソコンやスマートフォンのブルーライトも眼を醒まし覚醒させる機能があるのでブルーライトを少なめに設定するなどして対策しましょう。?日中にあったことが気になってねれない、例えば上司やお客さんや先輩に怒られたこと、恋人とケンカしたこと、自分が何か失敗したことなど日常には悩み事がたくさんありますよね!そんなときはそのことについて一度真面目にとことん30分以上思いを巡らせてみましょう。そうするとそのことを考えるのに疲れてだんだん眠くなってきます。以上です。PRサイト:ぐっすり眠れるサプリ

スマホを見続ける時間がどんどん増えていくのが心配

スマホ老眼は気になっています。もともと近眼なので目のケアはこまめにしているのですが、ガラケーのころからこういう端末を使っていると、じっと集中して画面を見つめ続ける時間が長くなるので、知らない間に目を疲れさせているはずです。
目の疲れをとるケアもしていますが、スマホだけではなくパソコンの画面も見つめ続けているので、ケアが間に合わないような気がします。
スマホを使ってから以前より見えにくくなったとは思いませんが、年齢によっても目の疲れやすさは変わるようなので、これからどうなるかわかりません。それが怖いのです。
ガラケーが出たときも、信じられないくらい便利なものが出たと喜んで使っていたのですが、スマホはさらに上の便利さで、もう手放せません。多少依存しているかもしれません。そのぶん目を使っているので、今までよりも目のケアをしっかりしないといけないと思っていますが、つい忘れて見続けてしまうのです。スマホで見たいものがどんどん増えていくので・・。PRサイト:スマホ老眼サプリ